しかし、いずれの場合においても

yosidak+Taxxaka 二人展
「しかし、いずれの場合においても」

Yosidak and Taxxaka Exhibition
‘However, in any case.’

会場全景 photo Taxxaka
会場全景 photo Taxxaka

2010.4/10-4/18
アブラウリ/東京・野方

 

「なぜ、二人で展示をするのか」

ある日、高橋さんに二人展をやらないかと声をかけていただいた。何故か断る理由が無かった。直感的に「やる」と決めてしまった。直感的故に、重要な物を積み残しているにちがいない。
そうなのかなぁ…どうかなぁ…
恐らくこの展示は、それは積み残しなのか?、余分な物を積まなくて済んだのか?それがナントナク判る物になるのでは…ないかなぁ。(yosidak)

吉田さんは視えないものを視せてくれる。そこに嫉妬するが、自分は視えるものしか示せないからそれは困る。
困ったので一緒に展示をしようと誘ってみた。断られることもなかった。困った。(taxxaka)

 

オープニング:4/11(日)鍋+酒 無料 19-21
ライブ:44/17(土)¥1,000- (1ドリンク付)
19:30-21:00
河野円+Taxxaka、yosidak、重機


  • “Forest”

    A4 オフセット印刷 インスタレーション


  • “Forest”

    F4 / 24.3×33.4cm パネルにアクリル絵具


  • “Broken Flowers”

    3点 F15 / 53.0×65.2 キャンバスにアクリル絵具


  • “Broken Flowers”

    3点 F15 / 53.0×65.2 キャンバスにアクリル絵具


  • “Broken Flowers”

    3点 F15 / 53.0×65.2 キャンバスにアクリル絵具


  • “Car”

    SM / 14.8×21.0 キャンバスにアクリル絵具

    “Shadow”

    2点 21.5×10.6×5.5H 木にアクリル絵具


  • “Beach”

    F6 / 31.8×40.9 キャンバスにアクリル絵具


  • “Untitled”

    A3 カラー出力